登記費用の相場について

2024/01/11 コラム

不動産の所有権を示すためにも欠かせない登記登録ですが、登記費用の相場がどのぐらいか気になりますよね。
登記費用と一言にいっても大きく2種類に分かれるので、それぞれの料金を知ることが大切です。
今回は、登記費用の相場についてご紹介します。

▼登記費用の相場
登記費用は「所有権移転登記」「抵当権設定登記」に分かれます。
前提として登記費用は不動産の固定資産税なので、どこの司法書士に頼んでも基本的に同じ金額です。

■ 所有権移転登記
所有権移転登記とは、不動産売却などで所有権から売り手から買い手に移ったことを明確にする登記のことです。
司法書士に代行してもらった際の費用相場は、不動産一件あたり数万~5万円ほどが目安です。
しかし、不動産を相続する場合は相続人数によって費用は変わってきます。
不動産を相続する場合は、基本的には10万円以上かかるでしょう。

■ 抵当権設定登記
抵当権設定登記とは、不動産を担保にしたり売却して費用を得る権利を持つ登記などを指します。
こちらを司法書士に代行してもらった際の費用相場は、不動産一件あたり5~10万円ほどが目安でしょう。

▼まとめ
登記費用には、以下の2種類があります。

・所有権移転登記…所有権が買い手に移ったことを明確できる登記のこと(不動産一件あたり数万~5万円ほどが目安)
・抵当権設定登記…不動産を担保にしたり売却して費用を得られるようにする登記のこと(不動産一件あたり5~10万円ほどが目安)

ちなみに不動産の固定資産税なので、 どこの司法書士に頼んでも基本的に同じ金額になるので安心できます。
弊社では不動産売買・賃貸・管理業務を専門的に行っておりますので、お困りごとがあればご相談ください。