賃貸管理業に必要な資格とは?

2023/06/23 コラム

マンションやアパートなどの賃貸管理には、どのような資格が必要なのでしょうか。
資格を取得すると、専門的な知識が身につき、信頼度を高めることができますよ。
そこで今回は、賃貸管理業に必要な資格についてご紹介します。

▼賃貸管理業に必要な資格とは?
■宅地建物取引士
不動産業界を経営する際には、事務所に数名の宅建士を配置する義務があります。
資格をもつことで不動産契約に必要な手続きを行うための独占業務が可能になります。

■賃貸不動産経営管理士
マンションやアパートなどの賃貸住宅の管理に関する知識や技能を有する住宅管理に関する資格です。
事務所ごとに業務管理者の設置が義務付けられています。

■管理業務主任者
マンションの管理組合に対して、指導や重要事項の説明などを行う際に必要となる資格です。
不動産業界の管理分野の専門家であり、マンション管理のマネジメントを行います。

■マンション管理士
マンション管理に関する専門的な知識を持ち、マンションの維持や管理に関する助言や指導を行う専門家です。

■ファンナンシャルプランナー
不動産の住宅ローンなどの金融関係に関わる資金計画をサポートに必要な資格です。
2級以上の取得を目指すことで、実務レベルの知識を身につけることができます。

▼まとめ
賃貸管理業には「宅地建物取引士」「賃貸不動産経営管理士」「管理業務主任者」などの資格が必要です。
不動産業界は豊富な知識と技能が求められますので、キャリアアップのためにも資格取得を目指すことをおすすめします。
「RENON株式会社」では、不動産売買や賃貸、管理業務を専門的に行っております。